· 

メルマガ発行:Subject: Embedded Multicore Consortium News 2021-07-07

込みマルチコアサミット(EMS2020)にて、事前告知をさせて頂いておりましたが、マルチコア技術の組込みシステムでの活用促進の一環として、“マルチコア適用ガイド”を作成し、公開させて頂く運びとなりました。

この、“マルチコア適用ガイド”は、2019年に開催された組込みマルチコアサミット(EMS2019)おける4つの講演資料を統合化し、書物として多くの方々に閲読頂くことを目的にリニューアル作成致しました。

 

 

有識者によるマルチコア適用に参考となる有益な情報が全編169ページにわたって展開されております。

 

<マルチコア適用ガイド”の各章>

1章  <並列化フロー>完成度の高いマルチコアソフトウェアを効率よく作成するための
開発手順

2章  <動作の見える化>マルチコアの問題解決に役立つ可視化の技術

3章  <テスト設計>マルチコア用プログラムを対象としたテストの勘所

4章  <品質評価>組込みシステムをマルチコア化したときに確保すべき品質とは

5章  <自動車応用>車載システム向けのドメインごとの特徴とマルチコア対応

6章  制御系マルチコア・ハードウェアの特徴とユースケース

7章  自動車 機能安全へのマルチコア適用

8章  並列処理ソフトウェアの課題と対策技術

9章  <Appendix>組込みマルチコア用語集

 

 

今後も、マルチコア技術の組込みシステムでの活用促進を目指し、活動を継続していきます。

ご期待ください。