EMS2021(EMS 組込みマルチコアサミット)                                    ご好評につき、動画再放送致します!

                                     ※注意:クリックすると、ガイオ・テクノロジー(株)の受付システムに移動します。ガイオ・テクノロジー(株)                                            の受付システムでお申込みください。 

                                    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                                       概  要:EMS2021(EMS組込みマルチコアサミット)講演動画再放送

                                       配信日時:2022年02月10日(木)  13:00~17:15(予定)

                                       開催形式:オンライン配信

                                           ※Google Chrome または Microsoft Edgeでのご視聴を推奨します。

                                         【コンテンツ動画配信】:「Bluejeans Events」ウェビナーツールを使用

                                       参加料 :無料

                                    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

  ■内容

   過日、開催させていただきました「組込みマルチコアサミット2021 (EMS2021)」では多数の方に聴講いただきました。
   誠にありがとうございました。
   ご好評をいただきましたことを受け、この度、再配信のイベントを企画致しましたので、ご案内申し上げます。
   お見逃しなきようお願い致します。

 

   ■プログラム

   こ演題目、順番は2021年11月18日(木曜日)に開催したEMS2021と同様の内容です。

   ビデオ編集の都合により、講演時間(開始~終了時間)が若干、変動致しますので、あらかじめご了承下さい。

   プログラム詳細や講演資料に関しましては(Events)をご参照ください。

 

 

 

 

 


組込みマルチコアサミット2021(EMS2021) が開催されました!

組込みマルチコアサミット(EMS2021)が無事開催されました。
皆様のご協力・ご支援に感謝申し上げます。

■開催日程:2021年11月18日(木) 13:00~17:00

■開催形式:Webセミナー(BLUEJEANS使用)

■参加料:無料


■プログラム詳細や講演資料に関しましてはEVENTSをご参照ください。


「マルチコア適用ガイド」V1.0 公開のご案内

2020年度、統合版にてリニュアルし、一般公開致しました。
BLOG記事「2020EMC「マルチコア適用ガイド」資料公開」よりご参照ください。

 

 

 


EMCブログ

(6)デバッグツールが使えない時 [ 並列処理の不具合と対策 ]

 

普段使用するデバッグツールの無い環境を考えてみる

 

マルチコアデバッグとは少し離れますが、デバッグ環境が十分ではない時のことを考えてみます。

 普段使うデバッグツールはgdb等のデバッガやprintfと思います。これらの用途は。

続きを読む 0 コメント

(5)ライブロックはなぜ難しい [ 並列処理の不具合と対策 ]

 

意図的にライブロック起こすことの難しさについて考えてみる

 

今回挑戦したのは、2つのスレッドプログラムが相手に合わせてミューテックス変数のロックを譲り合う処理を繰り返すことで発生するライブロック現象でした。

  ライブロックを起こすために時間をかけて調整をした結果、現象を起こすことができたように見えますが、長時間動かした場合には少しずつ処理が進むことも考えられます

続きを読む 0 コメント

(10)プロファイル情報とまとめ [ はじめての並列化 ]

 

プロファイリング情報について気になることがありました。

 

続きを読む 0 コメント

(9)パイプライン並列の高速化 [ はじめての並列化 ]

 

パイプライン並列化のバランスについて考えてみます。

 

続きを読む 0 コメント

組込みマルチコアコンソーシアム


ハードベンダ/ソフトベンダ/メーカを繋ぎマルチコア活用を支援


今後のプロセッサの性能向上はメニーコアを含むマルチコアに依るところが大きいことは明らかです。しかしマルチコアプロセッサはアーキテクチャの自由度が高く、各種ツールやプラットフォーム支援が重要です。様々な並列化手法、ライブラリ、ツールを組合せるには様々な知見が必要であり、システムベンダから半導体ベンダまで、すべての関連技術の協働が必要となります。組込みマルチコアコンソーシアム(EMC)では、関連業界で協力・連携し、(1) 活用支援、(2) ビジネス推進、(3)市場の活性化貢献を実現することで、マルチコア技術の組込みシステムでの活用を促進します。


SHIM

SHIMは米国に拠点を置く非営利の業界団体であるMulticore Associationで策定されているマルチ・メニーコアハードウェアのアーキテクチャ情報をツールに提供するための標準インタフェースです。SHIMの仕様はhttp://www.multicore-association.org/workgroup/shim.phpにて無償公開されています。


また、SHIMを利用する際に有用なツール群をオープンソースで開発しているOpen SHIMgithubに公開されています。


SHIMおよびOpen SHIMともに、本コンソーシアムのメンバ企業がその策定と開発に携わっています。