Downloads


各種サンプル、ガイドなどのダウンロードページです。

カンファレンス資料のダウンロードはEventsページ、コンソーシアムの規約や入会申込書などはMembershipページからダウンロード下さい。

★注意:ダウンロードボタンが押せない場合★

 ダウンロードボタンが押せない場合にはreload(更新)ボタンを押してページの再表示を試してください。それでもダウンロード
 できない場合には上記『Access』より事務局に連絡ください。

 


2020 EMC「マルチコア適用ガイド」資料公開

2020年度、統合版にてリニュアルし、一般公開致しました。

「マルチコア適用ガイド」統合版にてリニュアル致しました。ダウンロードボタンより資料ご参照ください。

ダウンロード
マルチコア適用ガイドVer1.0.pdf
PDFファイル 10.2 MB

<“マルチコア適用ガイド”の各章>

1章  <並列化フロー>完成度の高いマルチコアソフトウェアを効率よく作成するための開発手順

2章  <動作の見える化>マルチコアの問題解決に役立つ可視化の技術

3章  <テスト設計>マルチコア用プログラムを対象としたテストの勘所

4章  <品質評価>組込みシステムをマルチコア化したときに確保すべき品質とは

5章  <自動車応用>車載システム向けのドメインごとの特徴とマルチコア対応

6章  制御系マルチコア・ハードウェアの特徴とユースケース

7章  自動車 機能安全へのマルチコア適用

8章  並列処理ソフトウェアの課題と対策技術

9章  <Appendix>組込みマルチコア用語集

★お願い★  

「マルチコア適用ガイド」につきまして、皆様のご意見をお待ちしております。
ご意見をもとにより使いやすいガイドに改良・改版してまいります。下記コメント欄よりぜひ皆様のご意見をお聞かせください。

 

メモ: * は入力必須項目です


マルチコアプログラミング実践ガイド日本語版


ダウンロード
マルチコアプログラミング実践ガイド日本語版
The Multicore Association (MCA)のMulticore Programming Practiceの日本語訳です。
 この文書は、拡張を使わないC/C++のみを用いたマルチコア向けソフトウェアを書くためのベストプラクティスを与え、逐次コードから並列コードに変換するときに共通して作り出される落とし穴の仕組みについて説明し、バグを減らしデバッグ工数を最小化するための知識をもたらす。(本文より抜粋)
JP_130212_MulticoreProgrammingPractices.
PDFファイル 2.5 MB

サンプル


ダウンロード
Fibonacci model
名古屋大学作成フィボナッチ数列計算Simulinkモデルです。Simulinkライセンスをお持ちでない場合も、モデルの構造を参照できるpngファイルを同梱しています。(2016年 11月 16日)
モデル参照を使用したモデル(一部サブシステムを作成)をルネサス エレクトロニクス社より提供いただき、追加しました。(2017年6月2日)
Fibonacci_r1.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 320.9 KB