EMS2019サミット

■ET&IoT2019併設セミナ「組込みマルチコアサミット」が開催されます。

 ●日時  :11月21日(木)13:20~17:00
 ●会場     :パシフィコ横浜 会議センタ[315会議室]
 ●主催  :組込みマルチコアコンソーシアム(EMC)
 ●プログラム:ET&IoT2019のWeb ページ(お申込みはこちらへ)

 

 EMCは2014年秋の設立以来、ソフトウェアのためのハードウェア抽象化記述SHIMの標準化など、組込みマルチコアに関する活動を地道に進めております。

 

 毎年、Embedded Technology(ET)展と合わせてEmbedded Multicore Summit(EMS 組込みマルチコアサミット)を開催し、最新のマルチコア技術動向をご紹介させて頂いております。今年も6回目となる EMS2019を11月21日(木) 13:30-17:00 パシフィコ横浜にて開催することになりました。

 

 EMS2019では本コンソーシアムの概要を枝廣からお話させて頂いたあと、省電力メニーコアプロセッサによる完全自動運転システムに関する講演を皮切りに、日本でも普及が近年急激に加速している車載ソフトウェア標準仕様であるAUTOSARによるマルチコア適用について、最新のAUTOSAR Adaptive、そしてAUTOSAR Classicの両面から解説する講演に続きます。更に、制御系マルチコアにおけるマルチコア・ハードウェアの特徴とユースケースに関する講演、そして昨年より本コンソーシアムのマルチコア適用委員会で策定を進めてきた「マルチコア技術導入ガイド」についてご紹介します。そして最後に、毎年ご好評をいただいている「開発現場に訊く!」パネルディスカッションでは、「車載AIのシステム設計とマルチコア実装の勘所」と題して、Autowareのリーダである東京大学加藤先生の他、業界のエキスパートを集めて多彩な議論を予定しています。例年を更に上回る充実したプログラムとなっておりますので、是非ご同僚をお誘いあわせの上、ご参加頂ければ幸いです。なお、参加は無料となっております。プログラム詳細・参加申込みはこちらをご参照ください。 
これからもEMCをご支援いただきますようお願い申し上げます。
 
●プログラム

13:20  組込みマルチコアコンソーシアムについて   
          組込みマルチコアコンソーシアム会長&名古屋大学大学院 教授
                                        枝廣 正人氏

13:25  メニーコアプロセッサによる省電力完全自動運転の実現 
             埼玉大学 大学院理工学研究科 准教授          安積 卓也氏

14:10  AUTOSARのマルチコア適用  
             (株)オーバス グループマネージャー       篠原 順文氏

14:45  制御系マルチコア・ハードウェアの特徴とユースケース
             ルネサス エレクトロニクス(株) 主任技師         鈴木 均氏

15:20  「マルチコア技術導入ガイド」の紹介
                          ガイオ・テクノロジー(株) 取締役                    岩井陽二氏


15:45 《パネル・セッション》
        開発現場に訊く! 車載AIのシステム設計とマルチコア実装の勘所
            モデレータ)EJoint代表/テクニカル・ライター                    中山 俊一氏
      パネラ) 
                    (株)デンソー 基盤ハードウェア開発部 課長            阿部 孝司氏
                       (株)ティアフォー 創業者/CTO、東京大学大学院情報理工学 准教授 
                                          加藤 真平氏
                      イーソル(株)  取締役 CTO 兼 技術本部長          権藤 正樹氏
           LeapMind(株) 取締役 CTO                                        徳永 拓之氏